■中高年が稼ぐためのかんたんWebマーケティング講座

リストラや倒産の憂き目にあったされた中高年にアフィリエイトだけではない稼ぐためのITスキル、マーケティングをネットビジネスの王道を歩きながら懇切丁寧に解説する講座です。対象者はある程度のパソコンスキルが必要です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■第331日菜根譚から学ぶ現代の人生訓・処世術

choki_rensai.jpg

おはようございます。少しずつ夜明けの時間が早まっているようです。今日も朝をむかえられてほんとうに感謝!それでははりきってはじめましょう。「菜根譚から学ぶ現代の人生訓・処世術」2/5で331回目、あと34日。

三百三一. 動も静も忘れ去る

口語訳要約
喧噪を嫌って静寂を求めるには人を避けるのが一番だと思われているらしい。だが、人を避けようとするのはまだ自分にとらわれている証拠であり、静寂に執着するのはすでに心に動揺が兆している証拠ではないか。

これではとうてい「自他を区別せず、動も静も忘れ去る」境地にまで到達することはできない。

コメント
荘子によると生も死も、有も無も、静も動も、ともに超越してふたつとも忘れ去ってしまうことを「両忘」ということです。禅語としても使われています。
不動心よりもさらに上の境地ですね。静寂に執着する自分としてはなかなかむずかしいことです。
_____________________________________________

忘れずに全て読みたい方、もしくは気づいたときでも毎日、何かしら人生のヒントになりますのでFacebookの「フィード購読」をすると便利です。
http://www.facebook.com/jun2002japan


「フィード購読」というのは、友達にならなくても、個人ページをニュースフィード(ログイン直後の画面)で読むことができる機能です。フィード購読の方法は、画面右上の「フィードを購読」ボタンをクリックするだけで、とっても簡単です。
関連記事
スポンサーサイト

| 菜根譚から学ぶ人生訓・処世術 | 06:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://infomerit.jp/tb.php/492-28903c17

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。